バイアウト思考・仕組化戦略

バイアウト思考・仕組化戦略

バイアウト(Exit)思考戦略とは

会社を良い条件で売却したいと思われたらまず、以下を検討してください

本来は専門用語がならびフローという時系列なタスクによって書かれますが

簡単にかみ砕いて書くと以下の通りになります。

・誰に売りたいか よい買い手に目につくようにタイトルと会社概要を考える(バイアウトのストーリーを考える)

・決算書の他に、帳簿の記帳・整備 簿外債務(帳簿以外の借金等)・納税処理をどのように明確化するのか

・買い手の条件をよく聞き、調査し検討する

・どこに依頼し売却コストをどう下げれるのか

バイアウトで得られること

会社の売却価格の目安は(純資産) + (税引き後利益) × 3~5倍 が一般的な相場です。

会社をできるだけ高く売るためには、税引き後利益を正しく上げることが重要です。

売却を考えたら以下を改善することが望ましいです

・仕組み化の改善
・顧客管理と大口販売促進
・節税スキームの適用

経営者への、最終振込額を最大にする方法(会社を売却して引き継いだらお金以外には原則残らないのです)

(会社売却益) × (1-実効税率) – (M&A手数料)=手元に残る金額

そのため、会社売却後の実質的な利益を最大化するためには
・実効税率を下げる
・M&A仲介手数料を下げる

といったことが重要です。

 

売れている会社を調べる

売れている会社を調べるとは、市場を調査するということです

M&A会社やM&Aコンサル会社の傾向を把握することが大切です

車に例えると、費用対効果の高い車は トヨタのアルファードとかハイエース  フェラーリの限定希少車種 と言われています

それは、中古車市場やオークションなどのプラットフォームが出来上がっているからわかるのです

会社も上記のサイトなどでどんな会社が成約したかがわかる場合があります。 売れる会社には必ず理由があります

買った経営者が責任をもって引き継ぐだけの魅力があったということです。

きっとその会社は、また売ることもできるでしょう

その理由を知る ということです。