あなたにも買える会社があります(複業のすすめ)

売られている会社を知るためには、かなりの労力が必要となります

そこで、できるかぎり最新の情報をあつめてみました

契約されるときまでは費用はかかりませんので、是非ごらんになってください

人気の法人ランキング

【1位】飲食業界
【2位】ホテル業界
【3位】マーケティング業界

極小法人価格一覧ファイルダウンロードサイト

「極小法人価格一覧ファイルPDFプレゼント」

以下にお名前(ニックネーム可)・メールアドレスを入力し、送信してください

中国人富豪たちが日本の中小企業を爆買

後継者不在の会社がターゲットだ として提唱しているサイトは こちら

すでに日本の北海道の土地2%は中国系企業に購入されています

北海道リゾートの星野リゾートトマムも実は星野リゾートは管理を中国系企業に依頼されているそうです。

また、「中国資本の注入、日本の中小企業を甦らせる」として記事が掲載されています

こちら

上記の理由としてあげられるのは、日本の規制の少なさです。アジア各国では、外国の会社が100%株式を持つことは規制により容易ではありませんし、不動産を外国人が取得することも原則できません。なぜか日本はここの規制は、極めて緩いのです。外資マネーが流入する理由の一つです。

会社を買う場合のリスクについて

簿外債務がないか?・・・決算書に載っていない債務のこと

保証債務がないか?・・・会社として他社の連帯保証をしていること

税務リスクがないか・・・いきすぎた節税の場合ぐれーとなることがある

環境問題がないか?・・・土壌汚染、空気汚染、産業廃棄物などを不適切に処理しているか

背任行為がないか?・・・経理関係者の横領、購買担当者の業者癒着等々

瑕疵がないか?・・・製造業などにおいてはリコール問題、ソフトウエア等の著作権トラブル等

人材大量流出しないか?・・・人が大勢辞めることがある。

このようなリスクもあることを理解しておくことが大切です。

創業して年数がたてば同様なリスクは起こります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事