バイアウトとは

バイアウトとは企業の株を買い取ることで、経営権を取得し買収する手法です。

バイアウトを含む、M&Aにはいろいろな手法があり、株式取得や会社の合併・分割などがあります。時に、バイアウトはイグジット手法の一種と分類されることもありますが、実際はイグジットとは異なる手法です。

イグジットに関しては、創業家が起業するために投資した資金を回収する手段です。かつての日本では、株式を新規公開して市場で売買する上場スタイルがイグジットの主流でしたが、最近は、M&Aを活用して創業家以外の人や企業に株式を売却するイグジット手法も採用されるようになりました。

一方、バイアウトは株式の過半数を取得することで会社の経営権を得る手法です。バイアウトについては、M&A以外の場合でも実施されることがあります。その一例としては、事業継承の手法としての活用や、他社による企業買収に利用されるケースです。自社内にて経営陣や従業員が自社株式を買い取ることで、経営権が移動する場合もバイアウトと呼ばれます。

バイアウトには、以下の4つの手法があります。

・マネジメント・バイアウト(MBO)

・エンプロイー・バイアウト(EBO)

・レバレッジド・バイアウト(LBO)

・マネジメントアンドエンプロイーバイアウト(MEBO)

マネジメント・バイアウト(MBO)

企業の経営陣が後継者となり、既存の株主から株式の買い取りを実施し、経営権を持つ方法です。株式の買い取りの際には、ある程度の資金が必要となり、それを確保うるために金融機関から資金提供を受けるのが一般的です。

この手法の場合、SPCと譲渡企業が合併を行うことで、後継者となる経営陣が対象企業の株主となり、経営権を握るのが一般的です。上場企業の場合は、経営者自身が株主から株を買い戻し、上場を廃止するためにも用いられる手法です。特に、株主の意見に左右されることなく、長期的な経営計画を立案して事業を立て直したい場合にも活用されます。

エンプロイー・バイアウト(EBO)

会社の従業員が企業の株式を確保することで経営権を奪う手法です。会社の経営者が従業員に対して事業継承を実施する場合などに活用されますが、従業員側が株式を取得するための資金繰りすることは容易ではありません。

レバレッジド・バイアウト(LBO)

譲り受けた企業が譲渡した企業の資産や今後得られるであろうキャッシュフローを担保として金融機関などから資金を調達して株の買い取りをする手法です。この方法の特徴は、自己資金がなくても株の売買をしやすいことです。買収後は借入金が買収された側の企業の負債となり、事業の改善などを実施することで、増加させたキャッシュフローから返済する形になります。

マネジメントアンドエンプロイーバイアウト(MEBO)

会社の経営陣と従業員が一緒になって、金融機関などと協力して買収対象の企業の株式を取得し、その企業の経営陣を掌握する手法です。マネジメント・アンド・エンプロイ・バイアウトに参加した従業員が、積極的に経営戦略に関わっていくようになるのが特色です。従業員が経営に関わることで、従業員に対して企業価値を向上させる意識や中・長期的なモチベーションの向上を促す効果が期待できます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事