起業家になるために何をしなければならないか

起業の第一歩になにをするべき?

以下を検討することから始めます

起業後の3年を乗り切ることができるようになります。あとは起業家として突っ走るだけです

人(働き方・求人・アルバイト)

 

物(会計方法・販促ツール・運営管理ツール・プログラミング(アプリ)開発)

 

金(売上(集金・入金管理)・仕入(経費・支払い)・資金繰り(借金・返済計画))

 

情報(HP・SNS・メール送受信・書類送付受領)

 

リスクヘッジ(法務・コンプライアンス・危機・安全管理)

 

マインド(成功例・失敗例)

人(働き方・求人・アルバイト)

 

物(会計方法・事務所・打ち合わせ場所・販促ツール・運営管理ツール・プログラミング(アプリ)開発・送付業務)

 

金(売上(集金・入金管理)・仕入(経費・支払い)・資金繰り(借金・返済計画))

 

情報(調査機関・HP・SNS・メール送受信・書類送付受領)

 

リスクヘッジ(保険・法務・コンプライアンス・危機・安全管理)

 

マインド(継続する力・成功例・失敗例・リマインド機能 覚えてられる案件・相談・悩み)

 

しかし、気づいてくださいこれを1人でこなすのですか?

 

起業家はビジネスの核(お金になる業務)に集中しなければ起業後3年の壁を乗り越える

ことができません。

 

 

しかし、気づいてくださいこれを1人でこなすのですか?

 

起業家はビジネスの核(お金になる業務)に集中しなければ起業後3年の壁を乗り越える

ことができません。

しかも、企業寿命は年々短くなってきています

立ち上げてはすたれ、また立ち上がっていくです

まず最初に 起業を目標にしないでください 起業家であるあなたが最初に考えなければならないことは、3年後の売上と利益と資金繰りです。

 

ここだけは、どこの誰にも頼めません アウトソースができない業務なのです

なのでここだけはとんがって 注力してください

 

これからのお客様への価値の対価 です。

 

なにを対価にその商品・サービスはあるのですか

3年後もその企業を存続できるための売上と利益を きちんと計算してください

あればあるほど うれれば売れるほどみなさん倒産されています。

 

企業とマッチングすることで時短することと社会的信用を得ることが同時にできる

2019年版「小規模企業白書」

中小企業庁の2019年の発表によると

https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/2019/PDF/2019_pdf_mokujityuuGaiyou.pdf

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事